DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

生き直し

 昨朝観た夢の話。

 ある朝僕はテレビコマーシャルだか広告だか何だかで、以前の知り合いが著名な美容師となって日本へ凱旋帰国する事を知った。どこぞの美容室を借りて、そこで先着何名かを選び、彼女がヘアカットするのを公開でやろうという催しだ。僕は彼女会いたさに、当日その店をまで足を運ぶ。以外にも僕は被験者に選ばれ、今や遅しと彼女の登場を待つ。そして、記者や取り巻きを引き連れついに彼女は現れた。が、すっかり人が変わってしまった様子に僕は愕然する。
 僕がかつて知っていた彼女は、色白で髪の毛は短く、どこか危なっかしい印象があるが朗らかな性格の持ち主だった。しかし今僕の目の前にいる彼女は、体格こそ変わっていなかったが、当時の面影はなく、肌は浅黒く長髪で、細かった顎は力強く角張って、ブラックジーンズに革のベストをぴっちりと着込み、黒いショールを羽織っていた。そして何よりも僕の目を引いたのは、彼女の右目のまぶたが黒い糸で縫われて片目になっていた事だった。

 彼女に一体何が起きたのだろう。僕は狼狽しながらもそんな事を考えていた。僕の番が回ってきても、彼女は顔色一つ買えずに淡々と作業をこなした。その頃には人違いだったのかも知れないと思い初めていた。彼女はとても珍しい名前で、それだけに間違うはずもないと思い込んでいたが、こうまで印象が違うと段々と自信を失ってくる。

 催しも終わり、帰り支度を始めた彼女に僕は話しかけた。どうしても確かめたくなったのだ。果たして、彼女はやはり当人であった。僕の事も一応は憶えていたらしい。そして尋ねてもいないのに自分はヘヴィメタルが好きだと言う。そんなのはその出で立ちを見れば想像出来るし興味もなかったが、僕は彼女の短い身の上話を聞いていた。
 僕は彼女に尋ねる。どうしてそんなに変わってしまったのかと。すると彼女は答えた。昔の自分は仮の姿であり、自分が望んだものではなかった。今の自分が本来のものであり、ずっと求めて止まなかった姿であると。そう言って彼女は笑った。かつては余分な肉など1mmも付いていない、ほっそりとしていた顎にはたっぷりとした肉が付いていた。

 僕がかつて(幾らかの恋心を以て)見ていた彼女の姿は仮のものであり、彼女曰く幻想に沿って誂えた偽物であった、などと告白されると遣る瀬無い気分になる。僕は一体彼女の何を見ていたのだ。表層のみに惑わされ思い上がっていただけではないのか。僕はかつての彼女の姿を恥ずかしいほどに信頼し、彼女は偽りを演じ続けていた。突然突きつけられたその現実に僕は呆然とするばかりであった。
 そんな僕を見て彼女は笑う。その目尻には、かつての彼女と同じ皺が刻まれていた。

 という夢を見た。

6 Comments

  1. Avatar
    カポーティはケネディに殺さ

    June 14, 2012 at 19:53

    「なにを語るかではなく、いかに語るか?」といいつづけたカポーティの小説の妙技にちかいのものをあじわいました。たんに夢は素材にすぎぬでしょう…

  2.  よくお解りで。夢の内容はたいして面白くはないですしね。ただ、意味があるとすれば、彼女の縫われた右目と、目尻の笑い皺だけは何かの形で留めておきたかったのです。結果として失敗してますがね。夢の中で受けた印象とはほど遠い。
     因みにカポーティは、ティファニーを読んだ事があるかも知れない、程度です。

  3. Avatar
    カポーティはケネディに殺さ

    June 14, 2012 at 22:45

    『草の竪琴』は新潮文庫にあるので、ぜひご一読ねがいたいです。サリンじゃー(オウム)どころじゃないです。保証します。

  4.  アマゾンでチェックしました。試してみます。
     ところで、サリンジャーの「シーモア序章」を読まれた事はおありでしょうか。貴殿の求めるものとは違うかも知れませんが、物語を廃した文章として貴殿の小説に近いものが在るのかなと思いました。ただ、言い回しと引用が難解で、悪ふざけが多いのでなかなか読み進みませんでしたが。
     ええと、ダジャレはスルーでw

  5. Avatar
    サリンじゃー

    June 15, 2012 at 21:32

    サリンジャーは発表作はおろか全集を買って未発表もすべて読みつくすほど熱中したのですが、村上春樹の諸作品とおなじく記憶にその片鱗すらのこっていないというおそるべき状態です… 『ノーモア、ユーモア、シーモア』というエッセイもたしか女性誌に書いたほどです。
    そちらは『フラニーとズーイ』の再読からいまは『大工~』あたりでしょうか?

  6.  スルーだと言ったのに、敢えてそれを HN に持ってくるとは、腰の据わったひねくれ者ですな。楽しいです。
     そこまで読み込んで、血肉とされているとは思いませんでした。確かに残りませんね。僅かに、幾つかの台詞がふいに思い出される程度です。「フラニーとズーイー」はまだ読んでいません。取りあえず書架で最初に名に付いた「大工〜」を読み終え、今日は「ナイン〜」のグラース・サーガ分を読みました。そして、偶然にも昨日、荒地出版社から出していた、米国では未発表の「倒錯の森」「若者たち」を収録した古本が届いたところです。それらを読んだ後に、「フラニ〜」を読み、未読の「ハプスワース〜」へと読み進めて行くつもりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2020 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑