台風の通過に伴い非常に低迷した感覚で過ごしております。通常ならば台風が来ると聞けば膝を打ち窓全開にてお出迎えするくらいにワクワクするのですが、今回は低気圧モードのまま落ちぶれていました。低気圧はですね、落ちるんですよ。そんなの僕だけかと思っていましたが、仕事上の付き合いのある女性に一人同じ症状の人が居ました。「私、ダメなんですよー、天気が悪いと。」なんてこの世の未来を憂うような面持ちで告白されました。2年前の話です。

 僕の話に戻ります。昨夜はパワーブックを開いて OS を立ち上げるに立ち上げたのですが、全てのヤル気は霧消してしまっているのでゴロリとベッドに横になれば、そのまま眠ってしまいました。午前3時まで。こりゃまた微妙な時間に目が覚めてしまったものです。さして何もする気にはなれないが、かと言ってまた直ぐに眠れる訳でもない。僕は窓を開け、風に煽られた雨音を聴いていました。この風に身を横たえ、ゆらり揺られて200海里、気が付けば見た事もないような世界の浜辺に漂着していないかなあ、などと夢想癖のある在りし日の少年よろしく考えておりました。しかし結果はと言えば、携帯電話の電子音に無理矢理叩き起こされ、見覚えのある白い天井を見つめながら「あら、今日は何をしなければならないんだっけ?」と否応なく現実に引き戻される始末。新しい世界など何処にも存在せず、擦り切れた日常がまるで川の流れのように僕を呑み込んでいきます。ああ。

 誰かの役に立とうとか(そんなのは仕事だけで十分)何かを得ようとか(足がかりが寸断されているし)全然興味が持てない(今現在酔っているし)ので、週末は出来るだけ無為に過ごしてやろうとか考えています。江戸川の辺で昼寝をするのも良いでしょう。手垢のついた本を紐解くのも良いでしょう。そんな風に二日間を過ごせばさすがに飽きてくるだろうし、週が開ければ仕事が待っているのでドツボにはまる事もないでしょう。そんなこんな(どんな?)の金曜日。