DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

風立ちぬ、を観て。

 世間では賛否両論であるそうな。Twitter の僕のタイムラインで見る限りでは大まかに二種類の人が目立った。様々に検証して問題点を挙げ、それでもなお傑作とする人達。そして、恐らく政治的というか戦争の扱いに対して怒っていて、吐き捨てるように否定する人達。諸手を挙げて賞賛する人は見かけなかった。僕はと言えば、これは何だろうか、と考えてしまうような映画だった。タイムラインで見かけた様々な評価から伺えるような、問題意識を投げかけるようなものには思えなかった。

 そもそもの話をすると、僕は「宮崎駿」の「飛行機物」が好きなのである。「未来少年コナン」に出てくるファルコやギガントに始まり、「風の谷のナウシカ」に出てくるメーヴェガンシップ、「紅の豚」に出てくるサボイアS.21やマッキM.39などなど、20世紀初頭と近未来を混ぜたキメラのような戦闘機を見ただけで心が躍る。そしてそれらのメカニックデザインだけではなく、劇中で戦闘機が空を飛ぶ姿を観るのが好きなのである。ループしたりロールしたりするような曲芸的な飛行だけではなく、ただ直進しているだけの姿でもうっとりする。何故こんなにも良いのか考えても埒が明かないのでその件に関してはただ受け取るだけにしているが、要するに今回もそれを期待して映画館に足を運んだ訳である。その点からすると、少々不満だ。主人公がドイツへ視察に行った際に出てきた大型の爆撃機(たぶんメッサーシュミット Me 323がモデルで、ギガントの名前の由来となった軍用輸送機)には心躍ったが、他はガルウィングの九試単座戦闘機の飛行シーンが良かったくらいか。零式艦上戦闘機はほとんど出てこない。
 該当する資料が見つからないので僕の記憶違いかも知れないが、「スカイクロラ」を発表した押井守が宮崎駿に対して「この映画の戦闘飛行シーン良いでしょう」という感じで自慢気に話しているのを何処かで読んだ気がする。その言葉に応えるように気合いを入れてくるのかと期待していたが、そういう事もなさそうだ。残念である。

 そう言えば、「主人公二郎は一見優しげだが、その実は薄情で矛盾に満ちた人間である。そしてそれは宮崎駿のさらけ出された本性だ」というような事を書いている人も多かったが、そんな殊更に話題にするほど酷かったかなぁと思う。あくまでも自分の欲望や欲求に素直に従うが為に家族やら友人やらを顧みない人物なんて、これまでに色々な作品の中に現されているし、実人生に於いても割とそこら辺にも居たりするのに、そんなに騒ぐほどの事でもないのではないかと思うんだけど、もしかしたら、これまでの宮崎作品からするとあり得ない人物像だとかそういう理由なのだろうか。もしそうだとしたら随分狭い世界での話だと思うが、それが評価の基準なのだろうか。よく解らない。
 冒頭に「これは何だろうか、と考えてしまう」と書いたのは、この辺りの矛盾を描こうとしたにしても中途半端であるように思えたし、戦争を描きたい訳ではないという理由だろうか、第二次世界大戦に関しては直前でばっさり切り落としてしまっているが、観ている側からすれば描かない事に対する疑問が頭を占めてしまうので肩透かしを食らった印象が強い。前半は良く出来ていて、これらの事は後半に出てくるので、全体としては失敗しているように感じるのだ。或る人は「自分が観たいものだけをやりたいようにやった結果」だと書いていた。そうなのだろうか。もっとやりようが在ったように思えるので、どうも釈然としない。それに僕が気づいていないだけで、本当は何かが潜んでいるのではないかと考えてしまって気になるのだ。何れの日にか、僕はこの映画をまた観る事になるだろうし、その時にはもっと好きになるような気はしている。

4 Comments

  1. 「カリオストロ」およびカルピス劇場以外にみたことがなく、かりにTVでやっていてもチャンネルをあわせた瞬間に囲碁番組くらいの退屈さしか感じない… ぼくにとってはそれが宮崎駿で、なおかつ最悪なことにダーティでいかしたルパンのアニメ第Ⅰ弾が、宮崎駿起用以降とたんにつまらなくなっていたのだと、なんだかNHKの特集番組で第1回から観て実感したいやな記憶があります。
    だれかが手塚治虫のマンガは車の車輪でさえ希望の世界にふみこんでいると書いておりましたが、おそらく宮崎駿もそれに近いものがあるのではないかとおもいつつも、ナウシカもtwitter上の「バルス」も無意味な小生がともあれ何かを語る資格もないかと… けっきょくはそう思います。

  2. 大塚康生とは、軍用車両が得意なアニメーターなんですな。
    貴殿は観る必要無いと思いますよ。僕が考えても無駄な気がしますし。僕は最初の映画版ルパンも好きですしカリオストロも好きです。TV シリーズも好きでしたが、後続で何作か続いた TV スペシャル版は割とどうでも良いです。ただし、去年の春頃に TV で放映した「峰不二子という女」は良かったですねぇ。貴殿はご覧になりましたか。きっと気に入ると思いますよ。
    最初の映画版を初めて観た時は、何だか恐いし色々とショックを受けて、面白いとかつまらないとかを超越して凄いと思って観ていましたが、そのラストの清々しさと言ったら! 劇中で、デ・キリコの絵を映像化した場面が凄く印象に残っていて好きでしたね。

  3. 大塚氏は父母が親しくしておりまして、ルパンに宮崎氏を起用したひとだそうです。五右衛門が刀をぬくところを、あと数十センチ腕をのばせとか…. うるさかったらしいですよ。むりやり大塚氏に描いてもらったルパンと峰不二子のイラストがわが家にあるので、いつか師匠にもお見せできたらとおもいます。
    「峰不二子という女」は観なかったんで、いつか観よう観ようとおもっております。
    それと今夏にぜひ超炭酸角ハイボールを召しあがって、暑気ばらいとしてください。
        ――では(と吉田類ふうにスローモーションで退散)

  4. おや、そうだったんですか。確かに五右衛門の剣さばきには見惚れてしまう描写が多かったですね。大塚康生に指導を受けたアニメーターは多いそうですな。是非とも直筆のルパンを見てみたいです。
    峰不二子という女、BD/DVD-BOX は出てるんですが、レンタルしてるかどうかは店次第という気がしますね。
    夜に天神に居るという機会がないので、なかなか件の店に足を運ぶ事が出来ません。基本、人が少ない平日昼間にしか外出しないものですから。何か用事を作らねば。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2020 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑