DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

Month: December 2010

正岡子規の己が葬儀に関する遺言

 本日 NHK ドラマ「坂の上の雲」にて正岡子規が死んだが、自分の葬儀に関して色々と注文をつけていたらしく、その葬儀の場面でモノローグとして読まれた。正確に知っておきたかったので、改めて WEB で調べてみたら以下のような文章を見つけた。

 われらなくなり候とも葬式の広告など無用に候。家も町も狭き故二、三十人もつめかけ候はば柩の動きもとれまじく候。

 何派の葬式をなすとも柩の前にて弔辞伝記の類読み上候事無用に候。

 戒名といふもの用ゐ候事無用に候。かつて古人の年表など作り候時狭き紙面にいろいろ書き並べ候にあたり戒名といふもの長たらしくて書込に困り申候。戒名などはなくもがなと存候。

 自然石の石碑はいやな事に候。

 柩の前にて通夜すること無用に候。通夜するとも代りあひて可致候。

 柩の前にて空涙は無用に候。談笑平生の如くあるべく候。
仰臥漫録:正岡子規最晩年の日記

 そしてそれとは別に、正岡子規の遺言書なるページを見つけた。岩波文庫からの転載であるらしい。

余は今まで禅宗のいはゆる悟りといふ事を誤解していた
悟りといふ事は 如何なる場合にも
平気で死ぬる事かと思っていたのは間違いひで
悟りといふ事は 如何なる場合にも
平気で生きている事であった
正岡子規遺言書(PDF)

 特に何か感銘を受けたとか、そういう事でもない。己が葬儀の華美に催される事を嫌うのはよく聞く話である。しかし文章として明文化されているのは初めて見るし、近い将来の自分に参考になるのではないかと思い、此処に記しておく。独り床に伏していると、時折こんな事を考える。

ドガと郭絵師

 数ヶ月前に録っていた日曜美術館のエドガー・ドガの回を観ていたら、なかなか面白い事を紹介していた。

 ドガがよく描いたバレエの踊り子達。その妖しくも可愛らしい踊る姿の向こう側の、分厚いカーテンの影に佇む男達はどういう人間であるのか、という考証。当時のフランスのバレエ界は困窮しており、劇場の運営や、スタッフや踊り子達の生活を維持していく為には、金持ちの客達をパトロンに付けるしかなかったのだ、というような意味の事を言っていた。踊り終えた踊り子達は、カーテンの裏側で贔屓にしてくれている男達の相手をしていたとか。その「相手をする」というのがどの意味まで含めたものなのかは明言していなかったけれど、まあ、それは事情によって色々だろうな。

 そして、そういう状況は日本の花柳界や歌舞伎界とよく似ているんじゃないかと思い始めたら、下世話な話だけれども、俄然興味が沸いてきた。今までドガが何故踊り子を描くのかなんて考えた事もなかったけど、彼女達の姿に自分を重ねる事もあったのだろうか。そういう事を考えていると、郭に通い詰めながら遊女達を描き続けた、江戸時代の絵師達を思い起こす。江戸のジャポニスムの運動とそれは、まあ関係ないよな。でも、欧州でジャポニスムが長い間影響を与え続けたのは何故なのか、少し調べてみたくなった。

こんにゃく

 今年になって、僕はこんにゃくが嫌いになってしまった。

 昔から油で炒めたこんにゃくは苦手だった。どう表現していいか判らないけど、油で炒めると「えぐみ」みたいな味がするので、それがどうも嫌なのだ。昔はそれでも腹が減っていれば食べたんだけど、今はもうかなりキビシイ。飲み込むので精一杯だ。そしてとうとう煮物やおでんの蒟蒻まで苦手になってきた。

 つい先月の事だ。その夜は寒く、仕事で遅くなってしまったので、おでんで暖まろうとセブンイレブンに立ち寄った。そしていつものように大根に始まり、こんにゃく・玉子・がんもどきなどを購入。部屋に戻り諸々の片付けを済ませた後、うやうやしくおでんを頬張る。先ずは大根。そしてこんにゃくを噛み千切り咀嚼した途端、僕は固まった。あの僕の嫌いな油で炒めた時のえぐい味がしたのだ。
 何故だろう。おでんの蒟蒻は好きなのにどうしてあの味がしてくるのだ。何かの間違いかも知れないと咀嚼し続けてみやが、やはり嫌いな味がする。いや、もうそれは味などというものではなく、何かしらの成分を僕の身体が拒否しているのだ。僕はなんとかそれを飲み込んだが、食欲を一気に無くしてしまった。
 正確に言えば、糸こんにゃくやしらたきは平気というか、むしろ好きである。僕が嫌いなのは灰色をして細かい黒い粒が入ったやつだ。ちなみにあの黒い物質はひじき等の海藻であるらしい。もしかしてそれが駄目なのかなあ、とも思ったりするが、先日までは好きで食べていたのだ。原因が掴めない。僕の体質が変化したのか。それとも使う海藻の種類が変わったのか。出来れば嫌いでいたくないんだよな。何故なら、おでんを食べる際の楽しみがひとつ減ってしまうではないか。

© 2018 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑