DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

Tag: nucleus

ブログシステム入れ替えの告知

 準備が出来てしまったので、そろそろブログシステムを Nucleus から WordPress に入れ替える。実作業は一週間後くらいの予定。

 結局記事は大方を手動で移植した。全てではない。これはつまらない事を書いてるな、と思った記事は削除した。当てにしていたエクスポートのプラグインが巧く作動せず、記事中に独自のクラス要素をいろいろ使っていたので巧く行く気もしてなかったし。今後はそういう独自のクラス要素なんかを使う事はしないようにしよう。
 しかし、どうして全部やってしまったのかというと、記事やコメントで過去の記事に対して言及している箇所が幾つか在って、それをカバーしようとすると結構昔の木嶋で遡ってしまい、ここまでやったのなら全部やろう、となった訳である。なんとなくそうなる気はしてたんだよね。出来れば避けたかったんだけど。

 そもそもこういう告知の記事を書く必要はないように思えるが、もしかしたら Feed で読んでいる人が居るかも知れないし、そういう人は非常に奇特なので配慮したいと考えたのである。現在の Feed は http://www.doggylife.org/rss2.xml もしくは http://www.doggylife.org/atom.xml なのだが、これが http://www.doggylife.org/?feed=rss2 になるはずである。

 ところで、必要に迫られて過去記事を斜め読みしたのだが、想像に反して現在とあまり変わらないテイストで書き続けていた。昔は結構恥ずかしい文体で恥ずかしい内容を書いていたような気がするなあ、と思っていたがそんな事はなかった。記憶違いも甚だしい。自分を貶めるような記憶を捏造してどうする。たまに色気づいて情報系の記事を書いたりもしているが、その場合は結構恥ずかしい文章になっていたと思う。内容も浅はかだし面白くないのだ。似合わない事はするべきではない、と本気で思った。
 しかしながら、10年以上も変化の少ない文章を書き続けているというのはどういう事か。それなりに経験し知識も増やしているはずなのだが、どうにも精神的な成長が見られない。人というのはそういうものなのか、どうか。少なくとも僕は同じ事を繰り返して行くのだろうな、とは思っている。

2014.09.30:Wordpress に移行済み。

記事の移植

 実を言えば前記事の、Nucleus CMS が最新の PHP に対応していないという事実を知ってから暫くして、ちょうど時間が余っていたのでローカル環境に WordPress をインストールして大まかには作っていたのだけれど、これまでの記事を移植する事に思い当たってから何となくやる気を無くしてしまった。なにしろ面倒なのだ。NP_ImpExp というプラグインを使えば MT 形式にエクスポート出来るそうなのだが、テキストはそれでいけるとしても、例えば画像へのリンクのサーバ内階層なんかは手動で書き換えるしかないんじゃないだろうか。そういうやり方試した事がないので詳しくは知らないんだけど。もしそうだと考えると、とてもやる気がしない。このブログは当初 Blosxom という Perl で書かれたシステムを使っていて、それが2008年の3月頃に今の Nucleus に乗り換えた。その時はそれほどの記事数でもないと思った(勘違いだったが)ので手動で全部移し替えたんだけど、実際にはとても大変だったので、あれ以上の記事数を手動でやろうなんて酔狂さは今の僕には無い。
 いっその事、記事数0から始めたら良いのではないかとも考えるとが、それはそれでちと寂しいし、それに幾らかの記事はこのインターネットの海に浮かべておきたいと考えるものもあるからである。ならば、載せておきたい記事を抜粋して、それを改めて当時の日付でアップロードをすれば良いかとも考えるが、そうなると全ての記事を読み返す作業が必要になる。それは嫌である。僕は基本的に過去に自分が書いた文章を読み返したくはない。とくに日記的なものだと恥ずかしくて堪らない。なのでこの案は却下。あくまで却下。
 いろいろ考えると、或る期間を決めて、その分だけ手動で移植するのが良いように思える。例えば、福岡に越したタイミングで2013年移行の記事に限定するとか。残したい記事の大凡は削られる(つまり東京での記録は全て無くなる)が、手間は大いに省ける。ある程度の体裁も保てる。その辺りが妥協のしどころのような気がする。

2014.09.30:Wordpress に移行済み。

ブログシステムの終焉

 情報の取得として遅いのだが、今年になってこれらの記事を見つけた。

 なんと、PHP5.4またはMySQL5.5.xでNucleus 3.64って動かないそうですよ。PHP5.4にプラグインが対応していないものも多いらしくそれをいれているとなんと「E_ERROR」Criticalエラー発生して白紙になるそうです。NucleusからWordpressへ移行できない7の理由 (2011)

 自分用の開発環境にVMwareを使っている。このサイトもそれに開発環境を乗っけているわけだが、先日PHP 5.3から5.4にアップグレードした際に、Nucleusが動かなくなった。PHP 5.4にアップグレードしたらNucleusが動かなくなった件

 Nucleus CMS のバージョンアップはしていたが、システムを弄る気がまったく無かったので、その辺りの情報には無頓着であったから今頃気付くはめになったのだが、使用している「さくらのレンタルサーバ」で現在使用している PHP のバージョンは5.2。すでに 4.0 のサポートは終了している。提供は続けるが自己責任でね、という事だそうだ。今のところ問題はないが、いずれにしてもサポートする PHP のバージョンは徐々に上がっていき、数年後には Nucleus を使うのが難しくなってしまうだろう。そしてその件に関しての対応は滞っているとの記事も見かけたので、徐々にでも Worldpress あたりに移行する準備を進めておいた方が良いだろうと考えていた。自分で PHP を書いて改良したりして運営を続けられる技術があればどうにかやっていけるのかも知れないが、僕は出来ないからね。
 そうこうしているうちに先々月、とうとう本家から開発終了が宣言された。

 Over the last few years, development of Nucleus CMS has slowed to a standstill. Unfortunately, most of the people who contributed over the years to keep new versions coming out (and the website updated) can no longer do so. After consulting with Wouter Demuynck and other developers, it has been decided to officially sunset Nucleus CMS.Announcement

 公式とは別に開発を継続していくプロジェクトも予定されているのだが、いずれにしてもプログラムが書けない僕が運用出来る代物ではなくなるだろう。

 オリジナルチームによる開発は終了しますが、公式最終版である Nucleus CMS 3.65 からフォークして、PHP 5.4 以降で発生している障害などを修正した LMNucleus 3.66 というプロジェクトが紹介されており、LMNucleus は、今後の開発継続の意向が示されています。Nucleus CMS 開発終了と、これから

 仕事としてこのブログシステムを扱っている人にとっては、この事実は単に技術的な変換の問題(労働時間や費用の問題などを含む)なのだろうと想像するが、極めて個人的な理由で使っている者にとっては、付随していろいろと考えてしまうものである。この話は少し続く。

2014.09.30:Wordpress に移行済み。

ブログシステム移行完了

 2007年初めからの過去ログも移植完了。前ブログシステムの Blosxom は、エディタで書いたテキストファイルをそのままアップロードするという投稿スタイルであったので、必然的にローカルに全てのエントリが残っている。なので確実に再掲載は出来るが、ひとつひとつ移植していく他はないので、面倒な事この上ない。
 そして実を言えば、前サーバでやっていた頃の・・・つまり2004年3月からのログもそんな事情でしっかりと残ってはいるので、この際だからそれも再掲載してやろうかと考えた。しかしその頃は現在の三倍くらいのペースで更新していたし、ゴミみたいなエントリばかり書いているし、それを約三年分も移し替える事を考えるだけで肩凝りが酷くなり吐きそうになるので取り敢えず止めておく。
 此処もまだまだ手を入れる必要がある。以前にも書いたように、自分が気に入るまで止める事が出来ないのだ。でもそんな事ばかりやっていてもキリがないので取り急ぎエントリを書いた。

追記 2014.09.24:現在は更にブログシステムを WordPress に乗り換えている。このような記事を残しておくのは無駄だとは思うが、何となく記録として残して起きたくなった。

© 2018 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑