DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

Tag: kabuki

 明治十二年の夏、グラント将軍夫妻が歌舞伎を見物した話はすでに紹介した。ただ、将軍自身はおそらく知らなかっただろうが、実は歌舞伎改良運動に一役買わされていたのである。この頃すでに、歌舞伎は相当大幅に社会的地位が高まっていた。もし将軍が幕府の賓客として来日していたとしたら、歌舞伎に案内するなどということは、誰一人夢にも考えなかったはずである。いや、接待にあたる武士自身、中にはこっそり芝居見物に出かける者もいただろうが、表向きは、芝居を見たことがあるなどとはおくびにも出さなかったにちがいない。歌舞伎は町人のものであって、別世界の出来事だったのである。歌舞伎を「改良」し、上流人士の鑑賞に耐える文化的活動とすることは、だから結局、歌舞伎を町人の手から取上げることにほかならない。
 グラント夫妻が訪れたのは新富座という劇場だったが、この小屋の経営にあたっていたのが十二代目守田勘弥で、明治初期の興行主としてもっとも革新に熱心な人物だった。歌舞伎の主な劇場三座は、例の天保の改革で浅草に移されて以来、維新当時まだそのままだったが、三つのうち、勘弥の座元をつとめる守田座が真先に浅草を脱出し、新島原の遊郭跡に移転して、名前もその町名に因んで新富座と改め、新時代の先駆けとなったのである。
 勘弥は前々から、劇場を市の中心に戻したいという野望を抱いていた。ただ、できれば隱密裡に実行したいと考えていた。浅草の残りの二座に後を追われたくなかったのである。というのも勘弥は、古い客層からできるだけ離れたいーーなかんずく、魚の仲買人連中のような古い贔屓筋とは縁を切りたいと考えていたからである。この連中は、歌舞伎の改良などには反対するに決っている。新富町を選んだのも、第一に新興の銀座に近かったこと、それに遊郭が廃止になって以後、目ぼしい施設はなにも出来ず、土地が空いていたということもあった。

エドワード・サイデンステッカー著『東京 下町山の手』ちくま学芸文庫 1992年 pp.201-203

三味線の音色

 先日、博多座にて「伊達の十役」を観てきた。歌舞伎を久しぶりに鑑賞する事が出来たというのもあるが、博多座に入るのも初めての経験であったので、色々と楽しむ事が出来た。
 そしてこれは今回に限らず、歌舞伎を観覧すると毎回思う事だが、とにかく三味線の音色に関心させられる。歌舞伎の伴奏音楽なので清元だと思うのだが、華やかで、軽やかで、乾いた音を出すかと思えばまとわりつくような感じを受ける事もあるし、三味線は本当に心地の良い音を出すのだなあと思いながら聴いていた。あまりに伴奏に気を取られて台詞を聞き逃してしまったりもする。しかしどうしてこんなにも心地良く聞こえるのか、その訳を知りたいものだと考えながら眺めていたのだが、よく判らない。劇場で聴くと、音は曲線的に聞こえる。一音一音が弧を描き、それらが連なると揺れながらくるくると回転し始める。大袈裟かも知れないが、僕にはそのように聞こえるのだ。

 例えばこの動画。歌舞伎の時とは配置が違うが、演奏しているものは大体このようなものだ。しかしこれでは、現場で聴いた時のように音に広がりがないし、あの幸福感のようなものが感ぜられない。ちゃんとした録音ではないから仕方がないけど、これは CD で聴いたらちゃんと聞こえてくるのだろうか。清元を CD で聴いた事はないので何とも言えないが、何となくだけどあの感覚は再現されないんじゃないかと思う。演者と視聴者との距離などがきちんと配慮された劇場の音響設計があってこそではないだろうか。僕の場合は三味線だけが殊更に美しく感ぜられるが、他の楽器や歌唱も特別な音質として聞こえているのかも知れない。
 あと考えられるのは、その場に自分が居る事の昂揚感も手伝って良く聞こえているのだろうという事。他のジャンルの音楽のコンサートでも、演劇の舞台でも、スポーツ観戦なんかでも、現地に身を置くという事がより強い印象を植え付けていると思うので、その点は致し方ないと思える。一応 CD を買って聴いてみようとは考えているが、それで満足できないとなると、あの音色を聴くためには劇場に足を運ぶしかない。

 とこんな事を書き連ねていると三味線しか聴いていなかったように読めるが、そんな事はなく舞台もちゃんと楽しんでいたので、次の観劇を楽しみにしているのである。それがいつになるのかは判らないけど。

© 2018 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑