DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

Month: March 2016 (page 1 of 3)

江戸の博多と町方衆 03

 山笠の巡行は、初めのころは途中で昼食をとったりして、極めてゆったりとしたものであった。それが現在の追山に見らるような、互いに早さを競い合うようになったいきさつについては、「櫛田社鑑」に、一六八七年(貞享四年)の祇園山笠で、石堂流の四番山笠が、途中での昼食を抜きにして、三番山の土居町流を散々に追い上げるという事件があり、それ以後、途中の昼食がなくなった、という逸話が記されている。
 この事件は、その年の正月に起こった、土居町と竪町(石堂流)の若手の喧嘩がもとであったとされているが、『博多津要録』には、一七五六年(宝暦六年)の町奉行所からの通達に「以前より山笠の回るときに先山を追いかけることがたびたびあって、特にこの二十年ほどはそれがあたりまえになり、いつも争いが起こり、けが人も出ている」という内容のものがあって、早さを競うのが慣習化されてきたことを示している。
 奉行所では山笠の紛争を少なくするため、各流の年寄りを集めて注意を与えるほか、一七九五年(寛政七年)には、東町流の六番山が洲崎流の五番山に追い付いたとき、山を止めて先山の離れるのを待ったということで、銭三貫目をほうびとして与えたりもした。
 しかし、早さを競うことは相変わらず続き、のちには山飾りを簡単にして山の重量を軽くしようとする動きさえ現れ、これでは見物に来た他国の人にもすまないと、一八四〇年(天保十一年)には、各流で作り山の飾りには手を抜かない、という申し合わせがなされている。

朝日新聞福岡本部編『江戸の博多と町方衆〜はかた学5〜』葦書房 1995年 pp.134-135

 毎年五月の三日と四日、博多の町は「博多どんたく」で祭り一色となる。しかし、そのにぎやかなパレードが繰り広げられているなかで、古い博多の町筋を、むかしながらの松囃子が通り過ぎていることは、案外見落とされがちである。
 松囃子は祇園山笠とともに、博多町人の歴史を生きてきた。
 那珂川と石堂川に東西を限られた十町(約一キロメートル)四方が中世以来の博多である。
 町は、流れと呼ぶ町筋によって構成され、川に沿って南北に走る縦町筋の東町流・呉服町流・西町流・土居町流と、東西の横町筋を基準とした洲崎流・石堂流・魚町流の七流に、新町流と厨子流が加わって、元禄年間(一六八八〜一七〇四年)には九流百十三町。一五八七年(天正一五年)豊臣秀吉が命じた博多復興以来のもので、多少の変動を経ながら、おおむね百町内外で江戸時代を推移してきた。
 津中最大の行事であった松囃子と祇園山笠は、いずれもその基幹となる七流を中心に運営されてきた。

朝日新聞福岡本部編『江戸の博多と町方衆〜はかた学5〜』葦書房 1995年 pp.123-124

※石堂川は現在の御笠川である。(参考URL)

 大学院生のころだったと思う。天神の西鉄名店街の古書展で仮綴じの薄い小さい和本を二冊買った。私が古書展で掘り出し物らしい本を買ったのは、後にも先にもこれきりだったような気がする。
 そのうちの一冊が「筑紫富士夢物語」という題で、其鹿・菊左・濯綏という三人の俳人の旅をつづった、一八五〇年(嘉永三年)の紀行文だった。作者について詳しいことはわからない。
 三人の俳人は佐賀の人で、太宰府天満宮へ参詣するのが目的である。しかし、この短い紀行文の中で、作者が筆を多くさいているのは、博多の柳町のことである。
 彼らは虹の松原から、吉井、前原、今宿を通って博多に近づいてくる。「福岡を通り、博多綱場丁紅屋嘉二郎の旅宿に泊まり、夕食など仕舞ふて、市内見物と出掛」と、ここでも福岡と博多は区別されている。そして三人は、今の石堂大橋近くにさしかかるのだが、そこで大宰府に行くのとは違った道へ進んで行く。
「そこここと見廻り(此所より声をひくふして)石堂橋の近辺に至る。大宰府の道は右通りなるに、不意に左をさして三人、飛て行」
 三人は「名に逢、柳町」の遊里に行くのである。かっこでくくった部分には二行書きにして小さく書いてある。こんな書き方をするのだから、遊女屋に行くことにうしろめたい気持ちはあるのであろう。私にしても売春ということについては、さまざまに複雑な思いがある。ただ、江戸時代の遊里が、単に性のはけぐちとしてのみのものではなく、しばしば豊かな文化の土壌ともなっていたことは見逃せない。
 その頂点が江戸の吉原だが、地方においても、前に引いた佐藤元海の紀行文が福岡の繁栄を記すのに「娼家もあり」と言っているように、地方においては遊里の華やかさが、土地の活気や洗練を示す一つの基準ともなっていたのである。

朝日新聞福岡本部編『江戸の博多と町方衆〜はかた学5〜』葦書房 1995年 pp.115-116

 博多の人が「どんたく」ということばを口にする場合、「あしたはどんたく」といえば、毎年五月三日と四日に行われる行事の名称であるし、「どんたくが通る」といえば、参加者や山車、曳台を指す。同じことばながら、ニュアンスが違う。どんたくということばはオランダ語 zondag の訛で、日曜、転じて休日のことであることはよく知られている。
 古き良き時代のどんたくは魅力があった。芸自慢にとっては年に一度の晴れの日である。どの店も売り場を開放して舞台を提供してくれる。終わればほめられ、酒をつぎ料理を与えて祝儀までくれる。祝儀など期待する博多っ子はいないはずだが、祝いうたってくれたのが嬉しく、受けた方では渡さないでいられなくなるのだ。
 なんの準備もなく街頭に踊り出す者も多い。今年こそ出まいと決めていても、その日になるとじっとしていられなくなるのが博多っ子。友人を誘ってなじみの料亭へ。芸者を呼んでもみがえす街頭に飛び出す。普通の日なら、ちょっとこいと引っ張られるだろうが、この日だけは道のまん中でどんなに跳ねても飛んでも叱られず、解放の醍醐味に浸ることができる。

武野要子著『博多〜町人が育てた国際都市〜』岩波新書 2000年 pp.168-169

 黒田氏は博多町人を姫路に遣わし、播州一宮伊和明神のお祭りの踊りをみせた。年の暮れの例祭で行われる悪口祭も見学させたらしい。井原西鶴が『世間胸算用」の中で京都の悪口祭について、「都の祇園殿に、大年の夜けづりかけの神事とて、諸人詣でける。神前のともし火くらふしてたがひに人㒵の見えぬとき、参りの老若男女左右にたちわかれ、悪口のさまざま云いがちに、それはそれは腹かかへる事也」と書いている。当時悪口祭は各地でおこなわれ、庶民が神社の暗やみの中で、日ごろのうっぷんを思う存分はらし、罵倒しあい、ストレスを解消した。
 陽気で血の気の多い博多町人は祭り好き。博多町人の対応に悩んでいた藩は、博多町人把握の一策として、無礼講の悪口祭つまり「にわか」を奨励した。毒舌の中に民意を把握しようというのが、黒田氏のねらいだったようだ。もっとも藩への痛烈な批判がすぎて、流罪となる町人も出たという。

武野要子著『博多〜町人が育てた国際都市〜』岩波新書 2000年 pp.140-141

Older posts

© 2018 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑