DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

香りの記憶

 高校3年の頃、僕は市内に在るデッサン塾に毎日放課後に通っていたのだけれど、同じように其処に通ってくる一人の女の子を好きになった。彼女は同じ市内に住んでいて隣の市に在る女子校に通っていた。馴れ初めなど詳細は省くが、すっかり仲良くなった後に僕は彼女に誘われて都市部に在る小さな法律事務所で働く彼女の姉の元へ遊びに行った事がある。その姉の住む自宅へではない、仕事場へだ。今考えれば図々しいにも程があるが高校生に分別など期待しても無駄である。もちろん突然訪ねた訳ではなく、その姉のボスである弁護士が法廷で被告となる人物の弁護をすべく事務所を留守にしている合間を狙っての訪問である。
 
 さてこの姉、仮にYさんとしておくが、僕らより10歳年上の28歳。吉田拓郎とデヴィット・ボウイとミック・ジャガーが好きでロスマンズの煙草を好む背の高い美人であった。紹介されて一体そこで何を話したかなんてまるで覚えてはいないけれど、とにかく主張の強い人で、自分の好きなミュージシャンや作家や洋服のブランド(何しろ1980年代なのもので)の話を延々と語られた気がする。そしてどういう流れだったかYさんは何処からともなく白っぽい小瓶を持ち出してきて、これが今気に入っている香水なのだと教えてくれた。アナイス・アナイスという香水だった。Eau de Parfum ではなく Eau de Toilette。香りの強さと持続時間が違うのだという。柔らかく華やかで吸い込まれそうな印象の香りだった。
 その説明を終えるとYさんはおもむろに頭上にプシュプシュと香水を散布すると、自分はその下でくるくると身体を回転させた。一体この人は何を始めたのかと思って見ていると、これが香りを身に纏う一番良い方法なのだと言う。僕は呆然とした顔で見ていたのだろう、ついでのように僕の顔に向けて香水を吹き付けた。そうされて僕はドギマギしていただけだったが、10歳も年下の、しかも黒いスリムのジーンズにユニオンジャックとストーンズのベロマークを縫いつけ、ダイエースプレーで髪の毛をピンピンに尖らせた姿で好きな女の子の家族に会いに来るというどう考えてもアホ以外の何者でもないガキは、からかわれて当然だろう。

 ★

 香りというのは記憶に残りやすいのか、その後もずっとその香りを覚えていた。大学に入って1年か2年の頃、一般教養の心理学の授業中にその香りを嗅いだ。その主は当時連れだって行動していた連中の間では「心理学」と密かに呼ばれていた一学年上の女性だった。「心理学」と呼んでいたのでは勿論心理学の授業で見かけるからというだけの話で、女の子と書かずに女性と書いたのは非常に大人っぽい人だったからである。顔立ちは違うが今思い返せば大塚寧々のような雰囲気を持っていて、肌がとても白く滑らかで背中がぱっくりと割れたシャツを着たりしていた。アホで童貞な男はそういう女性に当たり前のように弱い。
 それから2年ほど経ち、今度は同級生の女の子が同じ香りをつけているのに遭遇した。幼い顔立ちの子だったので似合わないなと思っただけですぐに忘れた。服と同じように香りも人それぞれに似合う似合わないというのがあるという事にその時気付いた。

 その後その香りを嗅ぐ機会はなかった。輸入が中止されたという話を聞いたし、暫くして再開されたという話も聞いた。そういう話を何故知っているのか、そしてそれを誰から聞いたのか全く覚えていないが、恐らく事ある毎にアナイス・アナイスの話を知り合った女性にしていたのだろう。それでもその香りを身に纏っている人には出会わなかった。

 ★

 それから10年ほどが経ち、その頃に知り合った女性から嗅ぎ覚えのある香りが漂ってくる。これってもしやアナイス・アナイスでは? ああでも似た香りかも知れないし突然「それってアナイス・アナイス?」と訊くのも変というか失礼というか微妙な気もするし・・・。暫くそうして煩悶していたのだがとうとう我慢できずに尋ねてみた。すると「これは香水ではなく石鹸の香りで、アナイス・アナイスの香水の香りは甘過ぎて好きではない」という事であった。
 若い人は甘い香りを好み、大人になったら渋みや辛みが入り交じった香りを好むような気がする。その昔には「大人の香り」と認識していたアナイス・アナイスは、実際の大人からみれば「甘過ぎる」と感じられる幼い香りなのか。昔Yさんに連れられて行ったデパートでゲランのミツコの香りを嗅がされた事があるが、脳味噌が溶け出しそうなくらいに濃厚な女の香りがして「これは無理だ」と思った記憶がある。しかし中年のオッサンとなった今ならばもしかしたらその香りを好ましく思えるのだろうか。

4 Comments

  1. おひさしぶりです。
    香りや味覚と結びついた記憶って、本当に直接的感覚としてよみがえるよな、と改めて思いました。
    ゲランの話題が出ているので、むりやり絡んでみますが、
    昔はぜったい無理!だとはなから候補外にしていたのに、
    先日ふらっと立ち寄ったゲランのサロンで「マイ・アンソレンス」を衝動買いしてしまいました。
    秋冬~浅い春に似合うの香です。
    夏はやっぱり「クールウォーター」っす。
    女性用。
    これの男性用をつけて似合う男ってきっと好きです。

  2.  久しぶりですね。
     ふらっと立ち寄ってしまったという事は呼ばれたんでしょうな。今がその時期というか。その香りの事は全く知りませんが、かつて異世界のように感じていた香りに、大人となった今は馴染めそうなんでしょうか。
     残念ながら「クールウォーター」を知りませんが、ダビドフってメーカーのやつでしょうか。葉巻のブランドって書いてありますね。あ、葉巻で思い出しましたが、むかーしアラミスの「ハバナ」ってのを一時期使っていた事があります。それが葉巻の香りが混じっているのです。今思えばどうしてあんなワイルドで男前な香りをつけようと思ったのか不思議でなりません。そういう男に成りたかったのでしょうかね。全く似合いませんでしたが。

  3. ゲランは敷居が高そうでいて、非常にきちんとした接客が好ましかったです。
    香りのラインナップには、まだ馴染めそうではないですけどね。
    クールウォーターはダビドフです、はい。
    すっきりしたスイカのような香りです。
    ワイルドで男前な香りっていうと、やっぱりそっち系になりそうですかね、
    そういうのに憧れる気持ちは男女問わないような。

  4.  敷居が高いと思うのはやはりブランド・イメージなんでしょうね。またそうでなくてはならないとも思います。香水に憧れの要素は必須だと思います。
     西瓜のような香りですか。意外ですね。「クールウォーター」と言われればマリンノートのような気がしますが、植物系なんですね。ワイルド系の香りは、余程の素質を備えていない限り、少なくとも40を越えていないと似合わない気がします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2019 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑