DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

山手線沿線を歩く(品川〜田町)

hobby_20080910_map

 少しやり方を改める事にした。道程を出来るだけ明確にし写真も出来るだけ撮る事にした。僕の印象に残っている場面を私感のみで書いていても移動している感覚が全く出ないので、それが面白味に欠ける気がしたのだ。しかし出来るだけ写真を撮るというのが案外難しくて苦労した。普段の僕は目に付いた対象物を目的も無く前後の脈絡も関係無しに、ただひたすらに引いたり寄ったりしながら撮るという姿勢が身についてしまっているせいで、目的に準じた記録をするという行為の感覚が掴み難いのである。それでも何とかやってみたのだけれど、どうやらやたらと長い割には文章が少ないエントリが出来上がりそうである。

hobby_20080910a

 左上は品川駅前の歩道橋の上から撮った写真。港南口にビル群がそびえ立つ。線路に沿って走る第1京浜(国道15号)を歩きながら右手のビルの隙間からJRの車両が垣間見える。アスファルトと金属とコンクリートしか存在しないような空間を延々と歩いていると殺伐とした気分になってくる。たまに出現する街路樹に絡まる雑多な植物をついつい撮りたくなるというものだ。

hobby_20080910b

 高輪大木戸跡(高輪2丁目19番)。江戸時代中期の産業交通土木とある。「江戸の南の入口として(中略)旧東海道の両側に石垣を築き夜は閉めて通行止めとし、治安の維持と交通規制の機能を持っていた」こういう戒厳令的な規制によって江戸は守られていたのだな。

hobby_20080910c

 第1京浜沿いは何処まで歩いてもこのような風景が続く。左下は笹川記念会館の前に建つ笹川良一の像。そして右下の写真のビルに何だかもの凄い威圧感を感じて、一体何処の会社のビルなのか気になったので見てみたら住友不動産であった。

hobby_20080910d

 札の辻橋。1933年に建造され、2004年に改築された橋。左下の写真は橋の上から路線敷地内を見下ろしたもの。線路脇の雑草の茂り具合が地方の路線を見るようである。都会の真ん中にそれが在るというのがこれまた良い。

hobby_20080910e

 田町駅の南側。東京工業大学付属工業高校と芝浦小学校に挟まれた場所に位置する。右下は反対の北側の入口。駅全体が把握出来ないしとても判りにくい施設だ。

2 Comments

  1. 随分ご無沙汰していました.長い間お邪魔してない間に,サイトのデザインも変わりましたね.
    下のほうに,diaryが追加されてたり....と...はてなでこの日記を綴られているようですね.
    さて,移動の記録としての写真はそのスタイルに慣れないと難しいかもしれませんね.
    私も今なら気になったものをとことん撮ってしまい,間がすっぽり抜けてるということになりかねません.
    ところで,写真からは,都心としてはかなり閑散とした印象を受けるのですが(道路の車が少ない,通行人が少ないなど),そういうタイミングで写真を撮ってるのでしょうかね.それとも,休日かなにかでそうなのでしょうか.

  2.  お久しぶりですね。閑散としているのは二つの理由が相まっての事だと思います。一つは撮影が休日に行われている事。そしてもう一つは基本的にオフィス街である事。まあマンションも在ったりするのでほんの少しの通行人は居ますけどね。そんな場所をカメラ持って歩いてるんだから、僕はどう見ても不審人物ですわ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2020 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑