DOG ON THE BEACH

A season passes. A castle can be seen. Where is a soul without a wound ?

盪在空中

大膽走一步@未知物種音樂祭

 少し前に青木由香がラジオで紹介していた台湾のインディーズバンド。タイトル(バンド名)からも窺えるように、台湾語で歌っているそうだ。紡ぎ出す音が好みなので Youtube で色々聴いてみたのだが、時折ハッとするような流麗なアンサンブルを奏でたりして、アレンジのセンスに感心させられる。ただ、ヴォーカルがもの凄く下手なのだ。聴いているこちらが心配になるくらいに音を外す。音程を保てないより以前に声量も全然足りていない。

 –

點菸 @我的草本羅曼史3

 色々観ていると、既に2006年からこのバンド形態で活動しているようなので、彼は少なくとも6年間は下手な歌を歌い続けている事になる。青木由香も同じような評価であったし、恐らく周囲の誰もがそう思っているだろう。そして僕が思うに、彼はどうしても歌いたい訳ではなさそうに見える。ギターを弾いている時の方が気持ちよさそうだし伸び伸びしている。
 歌が下手なバンドと言えば Number Girl で、そのヴォーカルを勤めるのは向井秀徳だが、彼の場合は「絶叫眼鏡」の異名から解るように、叫びたいだけである。歌詞の世界観もあるのだろうけど、彼の絶叫はバンドの音の一部として成立している。それと同じようなものかも知れない。僕には未だ認識出来ていない何かをもって、このバンドが成立しているのだろう。もっと歌の上手い誰かをヴォーカルに据えて、このバンドが演奏するところを思い浮かべてみるが、なかなか巧く想像出来ない。つまり、そういう事なのかも知れない。

 –

直直去@Roxy Roots

 僕は台湾語を読めないし、検索して調べてみてもメンバーの名前や略歴すら解らないのだけれど、ずっと聴いていると、ところどころに Fishmans の影響が窺える。偶然というにはアレンジの端々に聞き覚えが在る。Fishmans の廉価版みたいなフォロワーのバンドは日本にも存在するけど、こちらの方が、離れている分丁度良い取り入れ方をしていると感じられる。同じ土壌でのフォローは気味が悪い。亡霊に縋っているような感じがして嫌なのだ。

 –

fullset@落日飛車發片演出

 彼らの歌っている内容が、少しでも解ればなぁ。

9 Comments

  1. Avatar
    さすらひびと

    February 24, 2012 at 20:57

    かってな小生のおもいこみかもしれませんが、ブログなどは自分がだいすきなアーティストのことを熱く語ったりするものだという既成概念があるんですけど、おもいいれがないというか相当につきはなした記事でございますね…
    おそらく体質的なものもあるのでしょうが、クラシックなどでも熱血系指揮者や演奏家よりは脱力系・冷血系をお好きなんじゃないかと推察いたします。

  2.  まず第一に、このバンドを知って間が無い(二週間くらい)というのが前提としてあります。第二に、大好きなものというのはなかなか無いものであり、それらに関しては既に書いてしまっているというのがあります。なので結果としてこういう紹介の仕方になってしまうのですが、ただ、これは僕としては結構熱が入っている部類ですよ。でなきゃ、そもそも書きませんもの。
     脱力・冷血系を好む事に関しては結構昔からそうですが、それだけではありません。寧ろ昔は熱血系の方を好んでいました。学生の頃に何の予備知識もなく、その場で思い付きで買ったチョン・キョンファの演奏するチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、パナソニックのCDプレイヤーで毎晩飽きるまで聴いていました。
     ご存じかどうかは判りませんが(該当する曲でもないのですが)、以前にこんなエントリを書いています。
    http://www.doggylife.org/?p=355

  3.  あ、それと、僕は好きなものに関しては、どれだけ長くそれを享受出来るかが最優先なので、対象のどこが好きだとか何故好きだとか、そういう考証は後回しなのですな。嫌いなものに関しては色々考えますけどね。

  4. Avatar
    さすらひびと

    February 25, 2012 at 09:08

    ほんとうだ!!
    2008年のチョン・キョンファの記事はなんとはなし現在よりもトガッておりますね。
    まあ確かに2004年より約7年のあいだ記事を書かれていると、本質的にひとにつたえたいこともなくなってくるでしょうね…
    すきなものは1回書けばおわり:つづけるとなると(それも努力なしに)いろいろと自分の書くスタイルも変容してくるんだろうな。

  5.  無いですなぁ、人に伝えたい事なんて。2004年以前なんか毎日書いてたのに。とは言え、一度書いてから数年経てば、記憶も希薄になってしまうので、また書いても良いような気になったりはします。解釈の仕方も変化しているかも知れませんしね。

  6. Avatar
    さすらひびと

    February 25, 2012 at 20:21

    たびたび申し訳ございません。
    2004年以前のものも閲覧可能なのでしょうか?
    察するに(例によって得手勝手な推察ですが)
    そのころは闘士のような文章を書いていらっしゃったのではないでしょうか?
    アクシデント! 思わぬ出来事に
    もし巻き込まれても
    人を笑わせる男になりたい
    人を泣かせて生きて来たから
            CKB「男の滑走路」

  7.  当時のサイトはもう、残念ながら存在しません。ログは取ってありますけどね。闘士漲るとうより、どちらかと言えば虚弱な泣き言めいた記述が多かったと記憶しています。いきなりその CKB の歌詞は何でしょうか。そう言えば長い事 LIVE DVD を観ていませんね。

  8. Avatar
    さすらひびと

    February 26, 2012 at 20:11

    いや以前は触れれば斬るみたいにギラギラしてたのが、おちついて現在があるような方なのかなと想像したしだいでして…
    2004年の記事『虚の王』あたりまで拝読いたしますと、文章からぼくの脳内に反響いたします声が、いまよりも早口なぐあいにイメージされます。

  9.  勿論昔っから落ち着いてるはずもないのですが、ギラついてたりはしなかったと思いますよ。少々買いかぶり過ぎですねぇ。
     試しに「虚の王」のエントリを読み返してみましたが、確かに早口に読めますね。何故だろう、不思議だ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2019 DOG ON THE BEACH

Theme by Anders NorenUp ↑